2015年10月25日

都市伝説「ロマンを感じるオーパーツベスト3!」の補足

今回はベストヒット都市伝説にて岸本氏が
「ロマンを感じるオーパーツベスト3!」について話しました。

それでは早速ですがこちらについての補足をしていきます。

今回はベスト3形式で発表していましたのでこちらでも
3位から順番に補足していきます。

それではまず3位!
『古代マヤ文明に「QRコード」があった!?』

まずはQRコードとは、みなさんおなじみのコレですね。
ダウンロード.png

実は「QRコード」は日本のデンソーが1994年に開発したものでして
このQRコードがそれ以前に発見されたとしたらそれは不思議ですよね。

そんなロマンを感じさせるものが海外のSNSを中心に話題になったのです。
それは紀元前3000年頃から、16世紀末にスペイン人の侵攻により滅ぼされるまで
繁栄していたマヤ文明の時代に『QRコード』が使われていたのではないかと
噂されるようにさせたシロモノ。

それでは見ていただきましょう・・・こちらです!
オー.gif

首飾りをつけた、マッチョな肉体の銅像の頭には・・・
そうなんとあの『QRコード』がのっかっています!
なんとも気味の悪い銅像です。
しかも!このQRコード読み取れるっていうから大変です。
その読み取り先はメキシコの電子部品の会社につながるといい
さらにマヤ文明とのつながりを感じさせます。

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏はこれについて
「地球外知的生命体は、タイムトラベルできるから
QRコードを知っていても何ら不思議ではない」なんて言っているそうです。

この奇妙な銅像は、どこで発見されてどこの博物館に飾られているのかなど
いまだにわかっていないようなので、それがさらにロマンを感じさせますよね。

と長くなりましたがお次の第2位は・・・
『ピーリー・レイースの地図』

これはオスマン帝国海軍の軍人であるピーリー・レイースが
1513年に書いたとされる地図のことです。
280px-Piri_reis_harita.jpg

なぜこの地図がオーパーツとされているのか、
本編でも話ましたがカンタンにいうと、
当時は絶対に知りえない情報が地図に描かれているという点です。

例えば南極大陸は、発見が1818年とされていますが、
この地図には1513年当時、未発見であり、しかも当時の技術では
観測不能であるはずの南極大陸の輪郭が描かれています。

さらに当時まだ測量されていないであろう
南北アメリカ大陸の海岸線が描かれていたりなど
不思議な店があるのです。

そして現在の地図と重ねても重なるようなレベルの
正確さも魅力の一つです。

現代の地図に
っこ.png

重ねると
ふぇあお.png

このオーパーツはかなり有名なので
様々な説があり面白いので
ご自身でも調べてみてはいかがでしょうか?


そしてラスト!第1位に輝いたのは・・・
『アンティキティラ島の機械』

こちらは紀元前150 - 100年に製作されたと考えられている
まさに最古の機械です。
機械の作りが完璧で、多くの歯車が組み合わさっており、
最古のアナログコンピュータと呼ぶ人もいるほどのモノなのです。
それがなんと2000年以上も前に作られているのです!

その実物の画像がこちら
800px-NAMA_Machine_d'Anticythère_1.jpg

かなり腐食していますが完全には歯車になってますよね。
これは1901年アンティキティラの沈没船で発見されたのですが、
当時この機械のすごさに気付く人はいなく、長い年月ただの謎とされていました。
しかし2006年に巨額の費用を費やした調査チームが、
謎であったこの機械の使用目的を解明できたと発表し、
このメカニカルな計算機は、天体、特に太陽と月および惑星の運行を追跡するために
設計されたと結論しました。

この機械の研究をしているマイケル・エドマンド教授は
「この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。
デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確に出来ている。
機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。
これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。
歴史的にまた希少価値から見て、
私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない」
という言葉を残したそうです。

驚異のテクノロジーにロマンを感じずにはいられません。

そして研究者たちは現代の最新の技術を使って
この機械の復元を試みます。

内部構造を調べるとこのような複雑さ
Antikytera-Inside.jpg

様々な研究機関や大学の教授など
おそらく偉い人達がマジになってこの機械を
研究しまくります。
110405antikythera.jpg

そして遂に復元に成功したのです!
それがこちらです!
img_3 (1).jpg

復元したものはいくつかあるのですが、
大体はこれと同じようなものです。

まさか2000年以上の時を超えて
この機械も復元されるとは思っていなかったでしょう。

その復元の様子などは、NATUREの動画があるので
英語がわかる方は普通に楽しめると思います。
わからない方はなんとなく雰囲気がわかると思います。

動画:http://www.nature.com/nature/videoarchive/antikythera/

一つのパーツから現代の研究者たちを
何十年も研究に没頭させるそんな魅力が
このオーパーツにはあったんですね。

それでは、補足はこのくらいにしておきます。

オーパーツはまだまだあるので、
ご自身が一番興奮するオーパーツを探してみては
いかがでしょうか?

あくまで我々は都市伝説の入口です。
『本編はアナタの頭の中にあります!』

それでは次回もお楽しみくださいませ。

※我々が語るのはあくまで都市伝説でジャンルはコメディです。
posted by 都市ボーイズ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする