2015年10月30日

都市伝説「空から降って来た謎の落下物!」補足

今回は教えて都市伝説で早瀬氏が「空から降って来た謎の落下物!」について話しました。

それでは早速、この「空から降って来た謎の落下物!」の補足をしていきます。

まずは、タイトルの「空から降って来た謎の落下物」とは
一体なんなのか?
ということですが、日本語では「怪雨(かいう)」と言います。
英語でいうと「ファフロツキーズ」というモノです。

これは「その場にあるはずのないものが降ってくる」現象を指しており、
雨、雪、隕石などこういった予想されるものではないモノが
空から降ってくるということですね。

「は?何それあるはずの無いってどんなものだよ!」と思いました?
イメージだとこんな感じです。
capture9_43_39.jpg

これだけではわかりにくいかと思いますので
それでは具体的に過去にあった怪雨をいくつか紹介します。

1793年(寛政5年)8月、江戸市中に小雨に混じって大量の獣毛が降った。
色は白ないしは赤、長さは15〜40cm、太さは馬の尾の毛ほどであった。

1901年7月、アメリカ ミネソタ州 ミネアポリス
嵐が最もひどくなった時にカエルやヒキガエルの雨が降った。
カエルはパタパタと音を立てて落下し、町のおよそ4ブロックに渡ってカエルで埋め尽くされ、
最大8cmの厚さまで積もった。

1989年、オーストラリア イプスウィッチ
小雨の中、サーディン約800匹が降り、民家の芝生が覆われた。

2009年6月、日本 石川県七尾市など
多数のオタマジャクシが降った。
当時、周辺地域の大気は安定していて竜巻などによる原因とは考えにくく、
不可解な現象であったことから全国的なニュースとなった。

とまあ魚介系が多いんですよね。
他にもトマト、トウモロコシ、石炭なんかもあったそうです。
さすがにこれらは空に「あるはずのないもの」ですよね。

これは早瀬氏が本編で言っていたアツアツの鉄球です。
鉄.png
こんなもんがいきなり落ちてきて当たったらたまったもんじゃないですね。

しかし実はこの現象はそこまで珍しいものではなく、
最近では良く見られ数年に一度ペースで起きています。

この怪雨の原因は、色々と言われており
竜巻で巻き上げられた説、鳥が咥えて運んできた説
飛行機から落ちてきた説、錯覚説などなど
様々な可能性が話されてきていますが、
結局原因はわからないことが多いというところが
やはりこの怪雨現象を面白くしています。

そんな中で早瀬氏が打ち出した説は、
「天空都市から落とされた」という説でした。

この説、荒唐無稽なアホな話と思うかもしれませんが
実はこの説を裏付けるものがあるのです。
それは今年の10月中国に「天空都市」が目撃されたという話が
出てきており、なんと多くの人が目撃しており写真や動画までもが
アップされているというのです!

それでは取れたてホヤホヤの写真がこちらです。
0a5.jpg

いやもうラピュタやん!
まんまやん!

さらに他の地域で発見されたのがこちら
てんく.png

こっちもやん!

凄いですね。
ここまではっきり天空都市が見えたのは
史上初なのではないでしょうか?

さらに中国のニュース番組ではこの天空都市を
映像に収めています。
それはこちらからどうぞ
https://youtu.be/UoP1sh1WXm8

素晴らしいです。
ナウロマンティックですね。

中国では色々な場所で目撃されているそうなので
天空都市は移動しているかもしれません。
いつか日本にも来るかもしれませんね。

その時にはいったいどんな怪雨が降ってくるのか
とても楽しみです。

今後は、常に空に注意を払いながら
生活してみてください!

あくまで我々は都市伝説の入口です。
『本編はアナタの頭の中にあります!』

それでは次回もお楽しみくださいませ。

※我々が語るのはあくまで都市伝説でジャンルはコメディです。
posted by 都市ボーイズ at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする