2015年12月19日

都市伝説2015年12月16日A「世にも奇妙な埋葬ランキング!」

今回は「世にも奇妙な埋葬ランキング!」について話しています。都市伝説の補足情報や写真も当ブログにてUPしていますのでご興味がありましたら是非覗いてみてください!

ブログアカウント⇒http://tosidennsetu02.seesaa.net/
過去音源もブログから視聴頂けます!

その他、都市ボーイズから早瀬康広名義でファミリー劇場「緊急大晦日!第三回紅白オカルト合戦」に出演しております。ご興味がありあしたら是非!⇒http://www.fami-geki.com/kinkyu/14/

※我々が語るのはあくまで都市伝説でジャンルはコメディです。



posted by 都市ボーイズ at 23:13| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

都市伝説「はやせが好きなゲゲゲの鬼太郎お話しランキング!」補足

今回はオカルトスターの早瀬氏が
追悼水木しげる先生
「はやせが好きなゲゲゲの鬼太郎お話しランキング!」
について語りました。

2015年11月30日
漫画家、水木しげる先生がお亡くなりになられました。

日本を代表する漫画家がまた一人旅立ってしまい
その日は、多くの方々が様々なところで、追悼コメントを残しました。
いかに多くの人に影響を与えたかということがわかった日でした。

我々のポッドキャストを聞いている方の中にも
多くの水木ファンがいることでしょう。

都市ボーイズの早瀬も例外ではなく
水木しげる先生に多大な影響を受けた一人です。

そんなはやせが、追悼の意を込めて
「はやせの好きなゲゲゲの鬼太郎お話しランキング」
という企画をこの度やらせていただきました。

この話をきっかけに是非とも
今まであまり興味が無かった方に興味を持っていただければ
とてもありがたいです。

ちょっと長くなりましたが
それでは、今回も補足させていただきます。

「はやせが好きなゲゲゲの鬼太郎お話ランキング」
タイトル通りにはやせが好きなエピソードを語りました。

それでは、どんなエピソードが選ばれたか改めて発表していきます!

第3位
「おばけナイター」
第3位おばけナイター.JPG

「ゲゲゲの鬼太郎」の中でも有名なエピソードの一つで
東映で映画化された作品です。

簡単にストーリーを説明すると

鬼太郎が妖怪たちと真夜中に野球をしていた、
しかし試合後に鬼太郎はバットを忘れて帰ってしまう。

そして次の日の朝に人間の子供が野球場に行くと
鬼太郎の忘れたバットを見つけてしまう。

誰かの忘れ物かな?と思いながらも当日の試合で
バットを使ってみたところ、全部ホームランだった。

実はこの鬼太郎の忘れたバットは、
「使えば必ずホームランが打てる」という妖怪バットだった。

そのバットの所在を知った鬼太郎が
その妖怪バットを取り返しに行くが、
野球少年は返したくないという。

では野球の試合で少年が勝ったらバットを持っていく、
鬼太郎が勝ったら少年たちの魂を持っていくという
妖怪バットと魂を賭けた試合が始まる。

しかし試合が始まると鬼太郎達妖怪相手には
妖怪バットは効かないのだった……。
というような話です。

ゲゲゲの鬼太郎の中でも
妖怪と戦わずに人間の少年と対決するというのは
珍しいのではないでしょうか?

スポ根漫画好きと妖怪好きの両方を
納得させる作品なのでしょうね。

「クロカン、「グラゼニ」、「地獄甲子園」が好きな人に
おススメですね。たぶん。

それでは、続いていきます。
第2位
「鬼太郎夜話」
第2位鬼太郎夜話 (1).JPG

2位に食い込んできたのは、
「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズの一作品「鬼太郎夜話」から
「がま令嬢」のエピソードがランクインしました。

ストーリーは、
アパートに引っ越したねずみ男は、隣の部屋の住人で、
口にチャックがついたがま令嬢という女性に好意を抱く。
同時に、同じアパートの妖怪紳士も彼女に好意を抱いていた。
ガマ令嬢.JPG

実はその妖怪紳士は、「人狼」だった。
そんな奇妙な三角関係が始まる・・・。
といったような話です。

今度はラブコメ×妖怪のコラボです。
「めぞん一刻」、「君に届け」、「I"s」
とか好きな人にとってもおススメですね。おそらく。

それでは、満を持して
第1位!
と行く前に
もうすぐランキングのスポットライトの話を補足しましょう。

1つ目は
「ゲゲゲの鬼太郎にあの怪獣が・・・」
映画界からあの怪獣がゲゲゲの鬼太郎に降臨した回が!?
まずは、この絵を見ていただきましょう。

ゴジラ.JPG

そう「ゴジラ」と思いきや・・・
「あわてるな大イモリだ」と目玉のオヤジが言ってますね。
鬼太郎の世界にもゴジラはやっているということが証明された瞬間でした。
ゴジラVS鬼太郎の異種格闘技戦も観てみたかったですね。

2つ目は
「あのロックスターの名前の由来は妖怪だった!?」

これはとあるロックスターが鬼太郎の妖怪が由来なのでは
という説でした。
その妖怪というのがこちら・・・
ダイヤモンド妖怪.JPG

「ダイヤモンド妖怪」です。
そしてその名前を拝借したロックスターとは・・・。
「ダイヤモンド妖怪」→「ダイヤモンド☆妖怪」→「ダイヤモンド☆ヨウカイ」
→「ダイヤモンド☆ヨカイ」→「ダイヤモンド☆ユカイ」!!

「逆にはっ?」

とまあ茶番はこれくらいにして
遂にオカルトスタ−の選ぶナンバー1エピソードです。

ダララララララ・・・・・・ダン!
第1位
「鬼太郎の誕生」
1位鬼太郎誕生 (1).JPG

やはりこのエピソードなくしては
「ゲゲゲの鬼太郎」は始まらないわけですから
妥当な1位だといえるのではないでしょうか?

それでは簡単にエピソードを説明します。

血液銀行に勤める男、水木。彼はある日上司に呼ばれて奇妙な調査を命じられる。
この銀行の血を輸血した患者が幽霊になってしまったというのだ。

早速病院に向かう水木。会ってみるとその患者は、
脈が止まっており体温が死人と同じで、何も食べずに生きている。
妖怪血液ドナー患者.JPG

その原因は輸血した血以外には考えられないと聞き、その供血者を調べる水木。
すると水木の近所の古寺に行きつく。

そこで水木はその晩、寺に行ってみる。

すると無人と思われた寺には不気味な女がいて、彼にカエルの目玉を食べないかと勧める。
逃げ出そうとする水木。ところが全身に包帯を巻いた不気味な男が彼の行く手を阻む。
そして水木はやむをえず彼らの話を聞くことにする。
この気味の悪い夫婦こそが、鬼太郎の父親と母親なのだ。
鬼太郎夫婦.JPG

彼らは幽霊族の生き残りで、夫の方が不治の病にとりつかれてしまった。
そこで身重ながら妻の方は、治療のために金を手に入れようと血を売りに行ったのだという。
それを聞いた水木は、一度は銀行に報告しようとするがしばらく黙っていることにする。

数ヶ月後、水木は再び寺を訪れてみる。すると二人とも死んでいた。
哀れに思った水木は、ドロドロに腐っていた男の方はあきらめて、妻の方だけ墓を作って埋めてやった。

数日後の嵐の夜、赤ん坊の泣き声が聞こえてくる。
すると女の墓の中から、片目の赤ん坊が這い出してくる。
この子は化け物の子だと、赤ん坊を放って逃げ出す。
鬼太郎誕生.JPG

この瞬間がまさに「鬼太郎誕生」の瞬間だった。

一方、古寺の男の死骸。腐った体から落ちた目玉に、
なんと手足のようなものが生えてきて動き始める。
img_4.jpg
そうこれが「目玉のおやじ誕生」の瞬間なのだ。

目玉のおやじは赤ん坊の鬼太郎を水木の家に連れて行く。

家に帰っていた水木、家に赤ん坊が来たのに驚くが、
赤ん坊が彼に甘えるのを見てかわいそうに思い、育ててやろうと決心する・・・。

これがざっくりと「鬼太郎誕生」の概要です。

繋がれていく命の系譜×妖怪といった内容でしょうか。

「ジョジョの奇妙な冒険」、「火の鳥」、「キン肉マン」
なんか好きな人にはたまらない内容ですね。メイビー。

これ以外にも違う鬼太郎の誕生パターンもあるそうなので
是非とも興味を持っていただいたら探してみてください。

と色々と補足してみましたが、
「ゲゲゲの鬼太郎」はこれからも読み継がれて
妖怪も元気に生き続ければいいなと思います。

水木先生の「幸福の七ヶ条」というのがありまして
その中の一つに

「目に見えない世界を信じる」

という言葉がありました。

我々、都市ボーイズもこの言葉を肝に銘じて
これからも色々な情報を発信していこうと思います。

あくまで我々は都市伝説の入口です。
『本編はアナタの頭の中にあります!』

それでは次回もお楽しみくださいませ。

※我々が語るのはあくまで都市伝説でジャンルはコメディです。
posted by 都市ボーイズ at 04:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

都市伝説2015年12月16日@「はやせが好きなゲゲゲの鬼太郎お話しランキング!」

今回は「はやせが好きなゲゲゲの鬼太郎お話しランキング!」について話しています。都市伝説の補足情報や写真も当ブログにてUPしていますのでご興味がありましたら是非覗いてみてください!

ブログアカウント⇒http://tosidennsetu02.seesaa.net/
過去音源もブログから視聴頂けます!

その他、都市ボーイズから早瀬康広名義でファミリー劇場「緊急大晦日!第三回紅白オカルト合戦」に出演しております。ご興味がありあしたら是非!⇒http://www.fami-geki.com/kinkyu/14/

※我々が語るのはあくまで都市伝説でジャンルはコメディです。

posted by 都市ボーイズ at 22:58| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする